公務員受験を考える大学生たちは夏前から本腰を入れ始める。
6月下旬に入り込んで予備校エリアが活気を帯びてくる。今年度の試験日程が真っ最中進行中の中で、休みをむかえた大学生たちまで予備校エリアに集まってくるためだ。

夏休みは公務員を目標にした大学生らには大変重要な時期と言われる。
普通合格まで1年以上の受験期間を経なければならないということが受験生の俗説だ。実際に塾の相談室を対象に調査してみた結果97%が1年以上勉強してこそ合格が可能なだと答えている。

来年度公務員試験が上半期に大部分行われると仮定すると、今回の夏休みから体系的な受験生活を継続してこそ来年度の試験を教育標的にできるという訳だ。

公務員は相変らず大学生らが好む人気の職業であり、夏休みは大学生らが公務員試験勉強をするのに最も良い機会と言われている。このような点を反映するように大学の夏休みがまじかになると相当数の大学生らが予備校エリアに教育情報を求めてやってくるのだ。

塾の相談室を何軒もはしごして、来年度の受験に備え自分にあった塾を探すのだ。ある受験生は“学校生活との両立の為に勉強をたくさんできなかったが、今回の休みに全てを挽回するつもりだ。 それで今年の夏は教育特別な旅行計画も立てなかった”と受験生活に対する覚悟を決めた。

こういう大学生らの受験熱を充足させてくれるために教育予備校エリアではそれに対応した受験対策を打ち出してそれぞれのプログラムを打ち出している。
受験対策では公務員試験の展望と対処方法を提示する‘夏休み公務員合格説明会’等多様な合格プログラムを運営している。 説明会は各直列別,試験別に詳細に受験戦略をついてくれるだけに、新しく公務員試験を準備する受験生らに多いに役に立つようだ。

合わせてそれぞれの塾では大学生らのための夏休みオーダーメード型講義も準備中にある。 構成も各自の水準に合うように多様だ。 だが分かるように受講する講義は簡単に決めてはいけない。 それなりの基準として本人に合う講義を選択するのも何より重要な事項だ。

一方で、本年度の公務員試験7月に実施される為。受験まじかの受験生たちは最終仕上げや整理などで目が回るほど忙しい一日一日を送っている。

受験街のある専門家は"今回のソウル市試験のような大規模採用は二つとない機会"として"その間あらわれた自身の弱点をはっきりと分析して今回の試験にすべてを賭けること"を強調した。

受験街で1年中最も重要な時は夏休みという。下半期だけでなく来年度試験準備を本格的に始める時期であるためだ。この時を賢明に送ってこそ合格により一層近く行く可能性があることを受験生らは必ず知っておかなければならないことだ。