さて、志望校がきまったら、地方受験者にとって忘れてはいけない事、それは受験日に備えた宿を予約しておくこと。親戚の家や、兄姉などが都心で暮らしているなど、宿泊先が確保できるなら良いのだが、なんのあてもない場合は民間の宿を予約しなければならない。
センター試験など、受験生の為の宿はいっぱいになってしまう。選べるうちから自分にあった宿を探して予約しておく方がよい。
ビジネスホテルや旅館など、受験生ようのプランがでている。モーニングコールはもちろん、受験生用に専用フロアを設置しているホテルもある。やはり部屋の外が騒がしくては落ち着いて過ごせないからだ。このように特別な対応をとってくれるところもあるようなので、事前に確認しておくのが良いだろう。また受験生プランでは受験票を提示するように言われる。
大事な試験の前日になれない宿へとまるのが苦手な人もいるだろう。1泊程度多めに宿泊してホテルなどの宿に慣れておくのも良いかもしれない。
また、もちろんだが受験会場に近い宿がよい。なれない町なのだから、電車や道など当日に迷ってしまって遅刻なんて事になったら大変だ。できるだけ近い宿を予約しよう。利だからと言って治安の悪い町は避ける。自分が落ち着ける空間が大切なので、布団が良いとかベッドが良い。または連泊するのでウィークリーマンションタイプが良いなど、色々なタイプがある。
そして近い宿がとれなかったり、複数の学校を受験する場合は、大きな駅や、中間地点など、それぞれの場所に行きやすい交通の便が良いところが良いだろう。もちろん事前に交通経路を確認しておくのが大切だ。
試験前日は、夜遅くまで外出などせずにホテルで大人しく過ごす。持ち物の確認と今までやってきた事を信じて、心を落ち着かすのがよいだろう。早めに就寝して本番に備える。
朝寝過ごしたりしないように、宿にモーニングコールの依頼をかけておくこと、もちろん完全にあてにはせず、自分でもアラームをセットしておく。
交通機関も突然のトラブルなどがある可能性もある。事前の下見はもちろんのこと、いくつかのルートを調べておくのが良い。